[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12851] タイ 3月24日に下院総選挙 投稿者:newsclip  投稿日:2019/01/23(Wed) 21:36:59

★タイ、3月24日に下院選 軍が上院支配で完全民主化困難

タイ選挙委員会は23日、議会下院(定数500)総選挙を3月24日に実施すると発表した。

タイで下院選が実施されるのは2011年以来。

タイ軍事政権と選挙委は当初、2月24日に下院選を実施する方針を示していたが、ワチラロンコン国王の戴冠式と関連の式典が5月4―6日に行われることが決まったため、「下院選後の政治日程と戴冠式関連の行事が重ならないようにするため」(ウィサヌ副首相)という理由で投票日を延期した。

軍部は2014年5月、タクシン元首相派の民選政権に対する大規模なデモを理由にクーデターに踏み切り、全権を掌握した。

以来5年近く、政治活動を禁止し、反政府的な言論を弾圧してきたが、国内外の圧力を受け、下院選の実施を受け入れた。

ただし、権力を手放す気はない。軍政は自派政党を立ち上げて、他党から有力政治家多数を引き抜く一方、事実上の地方遊説である地方閣議の開催、地方への予算投下などを頻繁に実施し、下院選に備えている。

また、軍政が作成し2017年に施行した新憲法の規定で、軍政が議員を事実上選任する議会上院(定数250)が議会下院とともに首相指名選挙で投票するため、軍政は下院で130―140議席を確保すれば政権を維持できる。

公選制の下院についても、タクシン派のプアタイ党など大政党が不利になるよう選挙制度を変更しており、下院選が実施されても、タクシン派など軍政と敵対する勢力が政権を奪還するのは困難な情勢だ。

http://www.newsclip.be/article/2019/01/23/38766.html


  [No.12852] 下院総選挙による禁酒日 投稿者:一夜  投稿日:2019/01/25(Fri) 12:21:36

タイの下院総選挙が3月24日(日)に行われますが、選挙に伴う禁酒日があります。

http://pattayalife.net/archives/26099


  [No.12868] 国王の姉がタクシン派の首相候補に 投稿者:newsclip  投稿日:2019/02/08(Fri) 19:50:08

3月24日投票の議会下院(定数500)総選挙で、タクシン元首相派の政党、タイラクサーチャート党は8日、故プミポン前国王の長女でワチラロンコン国王(66)の姉のウボンラット王女(67)を同党の首相候補として選挙委員会に届け出た。

ウボンラット王女は米国留学中に米国人と結婚し、タイ王族籍を離れたが、現在もワチラロンコン国王と親しいとされる。

今回の総選挙後もタクシン派と反タクシン派の対立が続くことを危ぐし、両派の和解、円滑な民政復帰に向け動いた可能性がある。

タクシン派と対立するタイ軍事政権はプラユット首相(元陸軍司令官)を首相候補として下院選を戦い政権維持を目指すはずだった。

しかし、反タクシン派・軍政支持層の旗印であるはずの王室がタクシン派についたとなると、戦う前に勝負がついた格好だ。

タイラクサーチャート党の役員はタクシン派市民団体幹部らが占めていたが、7日にウボンラット王女の関係者とみられる人々に総入れ替えされた。

ウボンラット王女がタイラクサーチャート党の首相候補となることは、8日朝の届け出直後に、王室の公式ツイッターとフェイスブックに投稿された。

http://www.newsclip.be/article/2019/02/08/38911.html


  [No.12871] タイ王女の首相擁立、見送りへ 投稿者:コボリ  投稿日:2019/02/09(Sat) 22:02:06

タイ王女の首相擁立、見送りへ[2/9(土) 19:17配信]

タイのウボンラット王女を首相候補として擁立したタクシン元首相派の政党・タイ国家維持党は、
一転、王女の擁立を見送る方針を明らかにしました。

 これは、「全ての王族は特定の政治的立場をとることはできない」と
して、擁立は「不適切だ」とする国王の声明発表を受けたもので、
国家維持党は「王の言葉に忠実に従う」としています。

 軍主導の暫定政権が続くタイでは、
来月の総選挙に向け親軍政派とタクシン元首相派とが激しい主導権争いを展開しています。
(09日17:10)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190209-00000043-jnn-int


  [No.12881] タイ憲法裁、解党判断へ=王女擁立のタクシン派政党 投稿者:アンスマリン  投稿日:2019/02/15(Fri) 04:13:18

タイ憲法裁、解党判断へ=王女擁立のタクシン派政党
時事通信社 2019/02/14 20:04
【バンコク時事】タイ憲法裁判所は14日、3月24日に予定される総選挙に向け、
ワチラロンコン国王の姉、ウボンラット王女を首相候補に擁立しようとした
タクシン元首相派のタイ国家維持党について、解党を命じるかどうかの審理を開始することを決めた。
立憲君主制への敵対行為に当たるとして、解党判断を求める選挙管理委員会の申し立てを受理した。

 総選挙前に解党命令が出れば、国家維持党の候補者は出馬の道を断たれ、
タクシン派にとって大きな打撃となる。
また、解党なら党役員は政治活動を禁じられる。
チュラロンコン大学政治学部のシリパン准教授(比較政治学)は「総選挙前に解党命令が出るだろう」との見通しを示した。 
http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e3%82%bf%e3%82%a4%e6%86%b2%e6%b3%95%e8%a3%81%e3%80%81%e8%a7%a3%e5%85%9a%e5%88%a4%e6%96%ad%e3%81%b8%ef%bc%9d%e7%8e%8b%e5%a5%b3%e6%93%81%e7%ab%8b%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e6%b4%be%e6%94%bf%e5%85%9a/ar-BBTzTDM?ocid=LENDHP

https://blog.goo.ne.jp/nagaichi_1950/e/23e5a2a7cc6e5c8275272a0a18dc6a3f